PUBLISHING/EDITORIAL/PLANNING


 

T O P     ご購入案内   会社案内   プライバシー    リンク    お問い合わせ


クラッセのウェブサイトへようこそ!  

小社・株式会社クラッセは、交通関係図書を中心に、一般書から事業者の社史、自費出版までさまざまな編集・制作を
手掛ける出版社です。趣味の書籍から希少な専門書まで鋭意編集・制作に邁進し、良書の刊行に努めております。

[送料・振込手数料(ATM)の無料キャンペーン実施中!]

詳しくは、購入案内をご覧ください

 

クラッセブックス書籍紹介

- 最新刊-

蒸気機関車 誕生
メカ異聞&製造工場見学記

松尾定行 著

2013年10月刊行

定価1728円(本体1600+税)
ISBN978-4-902841-17-9 C0065
四六判 ソフトカバー 200ページ

〈本書の内容〉
 本書は「蒸気機関車を新製します」と車両メーカーの人から告げたられ著者が、工場へ足を運び、製造工程を徹底取材したドキュメンタリー。合わせてぼう大な資料からメカニズムを学び、21 世紀における“最新鉄道車両” への理解において、著者はこの分野でトップグループに追いついた。福島市にある車両メーカーが収蔵する未来へ向けた蒸気機関車製造マニュアルと、国立国会図書館に眠る蒸気機関車教本の掘り起こしに奔走し、多くの鉄道書執筆で活躍する著者が、蒸気機関車製造過程のドキュメンタリーを平易かつドラマティックに説き明かす渾身の一冊である。               

目次 序章 蒸気機関車のメカニズムを学ぶ
   第一章 蒸気機関車づくリがスタート
   第二章 蒸気機関車を組み立てる
   第三章 蒸気機関車を仕上げる
   付 章 「SLやまぐち号」の奇蹟
   今も見られる小型蒸気機関車

[著者略歴]
作家。昭和24 年長崎県諫早市生まれ。広島大学卒。雑誌編集部勤務の後、「きしゃ旅ライター」として鉄道・旅をテーマとする出版物の編集・執筆に取り組んできた。『鉄道ジャーナル6月号別冊 SL大集合』鉄道ジャーナル社刊、『週刊SL鉄道模型』添付冊子「 名車と絶景 列島紀行」全70回講談社刊、『「鉄道と旅」お宝図鑑』プレジデント社刊など著書多数。

- 好評発売中-

ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道

KEMURI PRO. 著

2013年10月刊行/南軽出版制作

定価2500円(税込)
A4判変形 ソフトカバー 98ページ

〈本書の内容〉
 昨年刊行のSteam on 2ft. Lines I「基隆炭鉱鉄道」に続く第2弾。
混合列車や貨物列車もあった1969年当時の素晴らしい蒸気鉄道を「けむりプロ」の美しい組写真で紹介します。 機関車、客車、貨車、グース、各駅の線路配線などの図面も多数掲載。

 なお、この写真集は「南軽(なんかる)出版局」(http://nankaru.info/)という団体による制作です。これは、軽便鉄道の魅力を伝え継承する目的でつくられた非営利団体です。ちなみに『基隆炭鉱鉄道』 などの売り上げによる利益は、 羅須地人鉄道協会で 行われている軽便車両の保存維持費用に充てています。

- 好評発売中-

赤い腕章
-昭和の国鉄車掌物語

「日本図書館協会選定図書」

檀上完爾 著

2013年5月刊行

定価1620円(本体1500+税)
ISBN978-4-902841-16-9 C0026
四六判 ソフトカバー 240ページ

〈本書の内容〉
 本書は、戦後から高度経済成長に至る昭和30年代~50年代初頭の時期に、当時の国鉄の車掌としてさまざまな列車に乗務する人々の姿を著わした作品です。著者は当時、車掌として実際に乗務し、東京鉄道管理局の広報課を経て作家活動に入り、いわば国鉄の現場を知り尽くしたうえで、鉄道を描く数少ない紀行作家です。
 本書においては、現在の車掌業務には見られなくなってしまった人間味豊かな接客の様子や、新幹線が登場する前の古き良き国鉄の内情が、著者ならではの人情味あふれるタッチで描写されています。
 現在のように、車内での検札が電子端末化されていない鉄道現場の時代考証を忠実に再現している内容は、貴重な歴史書でもあります。
 懐古的に読むだけでなく、世界最先端を行くわが国の鉄道産業に携わる方たちや鉄道に興味がある方々にとっても、手にとっていただきたい類書なき一冊といえます。

[著者略歴]
作家。昭和4(1929)年、東京都三鷹市生まれ。昭和20年から46年まで旧国鉄に勤務し、盛岡・東京車掌区で車掌として乗務する。35年から、国鉄東京鉄道管理局広報課勤務。46年3月に退職し、執筆活動に入る。『赤い腕章』(鉄道図書刊行会)『新幹線ものがたり』(実業之日本社)『乗り物に生きる』(現代旅行研究所)『山手〝感情線〟』(交通新聞社)『駅長の帽子』(心交社)『東海道すれちがい夫婦』(小社刊)など著書多数。

- 好評発売中-

基隆炭鉱鉄道 1966

KEMURI PRO. 著

2012年10月刊行/南軽出版制作

定価2300円(税込)
変形A4判 ソフトカバー 80ページ

〈本書の内容〉
 この写真集は鉄道ファンの仲間たちが1966~1967年に台湾に行って出会った鉄道(基隆炭鉱鉄道)の物語です。彼らの追い求めているものは「軽便鉄道」です。当時、日本では軽便鉄道の晩年となっており、団塊の世代となる彼らにとっても垣間見ただけ。その思いは海外へと進み、手始めに台湾に出かけたというわけです。
 当時の台湾には、日本に比べて数十年前の情景が残っており、そこに彼らは驚き、感動し、その後、何度か訪ねることになりました。やがて彼らは「けむりプロ」というグループを結成、そこで出会った素晴らしい鉄道情景を鉄道趣味誌などで発表していきます。
 基隆炭鉱鉄道については、これまでに何度か断片的に発表されていましたが、この鉄道を彼らの作品として1冊にまとめたのは初めてです。 今回、1500余点におよぶ当時の写真の中から選りすぐり、およそ半世紀前に消えた基隆炭鉱鉄道、そして軽便鉄道の魅力を蘇えらせました。

 なお、この写真集は「南軽(なんかる)出版局」(http://nankaru.info/)という団体による制作です。これは、軽便鉄道の魅力を伝え継承する目的でつくられた非営利団体です。ちなみに『基隆炭鉱鉄道』 などの売り上げによる利益は、 羅須地人鉄道協会で 行われている軽便車両の保存維持費用に充てています。

- 好評発売中-

生きるって、楽しくって
ハンセン病を生きた山内 定・きみ江夫妻の愛情物語

片野田 斉 著

2012年10月刊行

定価1620円(本体1500+税)
ISBN978-4-902841-14-5 C0072
A5判 ハードカバー 64ページ

〈本書の内容〉
 本著は、元ハンセン病患者山内夫妻に2年半密着撮影した写真集です。ハンセン病患者達は、かつて国が定めた「らい予防法」により社会から強制的に隔離され、強制労働、差別、偏見の中で息を潜めてひっそりと生きてきました。
 2001年5月隔離政策が人権を著しく侵害し違憲であると国が全面的に謝罪した判決をきっかけに、東京都東村山市にある多磨全生園で50余年にわたり生きてきた山内夫妻は、ごく普通の市井の人として生涯を終えたいと決心。夫の定は持病を患い療養所の入退院を繰り返していたため園に残り、「一人の人間として生きて欲しい」と妻きみ江を外の世界へ飛び立たせました。70過ぎの高齢と重度の障がいをもつ、きみ江に世間は冷たかったが決して諦めませんでした。きみ江は、ハンセン病の後遺症から両手、両足が知覚麻痺、運動麻痺をおこしています。熱いフライパンを触っても、釘を踏んで足を貫通しても痛みを感じないが、「どんなに体が不自由でも自力でやりたい。いまが青春」と常にポジティブに行動し、隔離されていた空白の時間を取り戻すかのように社会で生きる喜びを実感しています。
 子供を持つことが許されなかった夫妻は養女をもらい、養女は結婚し孫をもうけました。「この世に生をうけてよかったなと思う。女として結婚し、子供ももらい孫も抱けた。」と女としての幸せも噛みしめています。タイトルの「生きるって、楽しくって」はきみ江さんが取材中に何度となく著者にこぼした言葉です。
 本書は、孫の誕生、日常生活、ハンセン病のこと、定の死、震災以降の生活を撮影。山内夫妻を通してハンセン病をわかりやすく知る構成になっています。元患者たちは家族と絶縁状態が多く、静かに余生を送りたいなどの理由から取材にはほとんど応じてくれません。元患者たちは平均年齢も80歳を越え毎月のように亡くなっている現在、本書は貴重な記録となると信じており。また、生きることに少々疲れている人たちに「元気」を届けます。是非全国の多くの方に目を通していただきたい一冊です。

[著者略歴]
報道写真家
1960 年生まれ、東京都東村山市出身。 明治学院大学卒。NHK 映像取材部助手を経て報道写真家・山本皓一氏に師事。 主に週刊誌でスポーツ、政治、芸能、ニュース現場を経験。 2001 年9 月11 日に起こった米国同時多発テロ事件に衝撃を受けイスラマバー ドへ。パキスタン、アフガニスタン、パレスチナ、イラクなどの紛争地を取材。 北朝鮮、アメリカ大統領選、中国・河南省エイズ村、 山西省炭鉱 四川大地震、 北京五輪、ビルマなどのルポルタージュを発表。
2011 年東日本大震災を翌日から延べにして4 ヵ月取材。 ニューヨークに拠点を置く世界的写真通信社「Polaris Images」メンバー。 震災の写真も欧米主要メディアに掲載される。訪れた国は30 ヵ国を数える。

著者公式サイト http://www.h-katanoda.com

- 好評発売中-

レールパックで京都へ安く行こう!
新幹線+宿泊パックでおトクな旅

鉄道旅行なび 編

2012年10月刊行

定価1620円(本体1500+税)
ISBN978-4-902841-15-2 C2026
B6判 ソフトカバー 224ページ


〈本書の内容〉
 本書では、これまで系統立てて紹介されることがほとんどなかった、本当の意味で割安感のある鉄道利用の国内旅行商品を出発地別にカタログ形式にまとめてみることにしました。往復交通機関はおもに新幹線利用が中心ですが、出発地によっては在来線の特急列車、夜行寝台列車を利用するものも含まれます。ほとんどが往復交通費と旅行先の宿がセットになったものですが、一部宿泊ではなく食事券や買い物券などのクーポンをセットした日帰りプランも含まれます。 そして本書では、これらの格安パックを総称して「レールパック」と名付けている。
①きっぷ代わりに使える、関西旅行のお買い得商品満載! ②往復だけの金額でホテル1泊が付いてくる! ③区間によってはLCCよりも安くすむ! ④学割よりも安い!という、関西旅行の究極のおトクをめざした書!

〈巻頭ガイドから〉
 旅行を計画するとき、とかく現地での宿泊と往復の交通機関を別々に考え勝ちです。まず泊まりたい宿をピックアップ、あるいは安いホテルをインターネットで漁ってから、飛行機の早割りやJRのトクトクきっぷを血眼になって探すという具合に……
 でも、宿泊予約サイトでお得に予約できた気になっていたとしても直接ホテルに予約したほうが安かったり、往復の飛行機や新幹線が正規運賃・料金とくらべて千円も割り引かれてなかったり、必ずしも労力に見合うメリットを享受できないことが多いのも事実です。
 そこで注目したいのが、旅行会社が発売する往復交通費と現地の宿がセットになったセットプラン。これなら新幹線代金が25%以上、区間によっては40%もお得に利用できますし宿も割引価格で提供されていて、トータルで見ると同じ内容で何千円、出発地によっては万単位で安くなります。これらは一般的に「ツアー」と呼ばれる募集形企画旅行ですが、添乗員が付かないフリープランとして発売されているものですから、実質的にはきっぷと宿を別々に手配する個人旅行と何ら変わりありません。

[編者:鉄道旅行なび]
鉄道旅行なびとは日常生活の重要な足としての役割を担う鉄道を、より効果的に心地よく利用し、鉄道旅行を楽しんでいただくノウハウをご提供する目的で、鉄道ライター・鉄道カメラマン有志で運営されている。

 

- 好評発売中-

日ノ丸自動車八十年史
日ノ丸自動車株式会社 企画・編纂

2012年4月
限定特別頒布

定価3780円(本体3500+税)送料・振込手数料 無料

(本書は、日ノ丸自動車株式会社様の承諾をいただき、本ホームページからのお申し込みと東京・神田神保町「書泉グランデ」と秋葉原「書泉ブックタワー」の販売のみとなります。日ノ丸自動車株式会社や他書店での取り扱いはございません。直接小社にお申し込みいただくか「書泉グランデ」でご購入ください。)
A4判 ソフトカバー 168ページ(内カラー24ページ)写真収録付録CD付

〈本書の内容〉
2010 年日ノ丸自動車株式会社は創立80周年を迎え、これに先立ち2009 年暮、80 周年の記念事業として、この大きな節目に至るまでの歩みを記録する「日ノ丸自動車80年史」の発刊を決定した。
日ノ丸自動車は、戦後復興から大躍進時代の昭和35 年に編まれた30 年史「星霜三十年」があったが、以後の歴史については、60年史の制作を試みたことがあったものの、整理された記述には至らなかった。その後、事業環境の変化、路線の推移、車両の変容はこの間まことに著しく、その客観的な記録が是非とも必要と判断され、本書の刊行に至ったものである。
本書は鳥取県内の優れた老舗企業である日ノ丸自動車の歴史に留まらず、鳥取県及びその隣接する地域の百年の交通史が俯瞰できる内容を持ち,企業史を超えた歴史の重さが詰まっている。

〈目次〉
口絵 日ノ丸自動車の四季
第1章 戦前/鳥取県のバス前史/鳥取県におけるバスの発祥/日ノ丸自動車創立まで/創業時の日ノ丸自動車の概要/直面する最初の危機/西部・中部の統合促進/戦時中の苦難の時代/日ノ丸式代燃車の時代/戦時統合の時代/戦時体制の中で
第2章 戦後/復興の時代/日ノ丸車体によるバスボディの自家生産/休止路線の復旧と拡充/競合事業者の登場/取り巻く環境の変化と路線のさらなる拡大/鉄道会社の併合と事業の拡大/組織の強化と創業以来初の労働争議/定期観光バスの運行開始/長距離路線の拡充/車両の高品質化と貸切バスの強化
第3章 再編成期/法勝寺電車の廃止/ワンマン化の推進/長距離路線からの撤退と過疎路線の再編成/事業の再構築と鳥取バスターミナルの完成/貸切バスの拡充と定期観光バス「因幡ふる里号」/過疎路線からの撤退と補助金制度の活用/2 社競合の弊害/第2 次バス路線再編成調整/厳しさ増す過疎バスと市町村との関係
第4章 高速時代から現在へ/東京線夜行高速バス「キャメル」の運行開始/高速バスの展開/長距離路線・高速バスの再編成/厳しい経営環境下での新たな挑戦/都市部での運行改善と空港連絡バスの拡充/日南町での再編/新たな方策と自治体からの運行受託/コミュニティバスと観光循環バスの運行/鳥取県の過疎バス対策の動き/路線バス・代替バスの廃止による自治体の動き/利用促進に向けて/貸切バス事業の変化と組織変更/新たな時代への布石/日ノ丸自動車路線の変遷/日ノ丸自動車統合の系譜
カラーで見る日ノ丸自動車のいまむかし
最新車両ラインアップ歴代カラー/コミュニティバス/懐かしの日ノ丸バス/乗車券類/グッズ・徽章類/ガイド入社案内/懐かしの法勝寺電車
写真で綴る日ノ丸自動車の軌跡
想い出の風景/営業現場の風景/車掌乗務の風景/工場の風景/車庫の風景/営業所の風景/乗場の風景/法勝寺鉄道/米子電車軌道
日ノ丸自動車 戦後の車両の変遷
戦後間もなくのボンネットバス/日ノ丸車体のキャブオーバーバス/最盛期の大型ボンネットバス/初期リヤエンジンバス(いすゞ・民生)/初期リヤエンジンバス(民生)/日野ブルーリボン(センターアンダーフロアエンジンバス)/1960 年代リヤエンジンバス(中扉ツーマン車)/1960 年代リヤエンジンバス(前扉観光タイプ)/初期ワンマン車/譲受ワンマン車/モノコックボディの観光・特急車/大型スケルトン路線バス/中型路線/小型車/高速バス/空港連絡バス/貸切バス/会社概要  
日ノ丸自動車年表・あとがき・参考文献・資料提供
制作スタッフ 日ノ丸自動車社史編纂室・鈴木文彦(交通ジャーナリスト)・クラッセ年史編集部

- 好評発売中-

ブルートレイン誕生50年
20系客車の誕生から、今後の夜行列車へ

「日本図書館協会選定図書」

堀内重人 著

2012年1月刊行

定価1944円(本体1800+税)
ISBN978-4-902841-13-8 C0065
A5判 ソフトカバー 232ページ

〈本書の内容〉
本著は、ブルートレインを観光資源と位置付けており、ブルートレインを活性化させることで観光産業の新たな発展を目的としている。1部では、今までのブルートレイン(寝台車)の登場とその経緯について、時代背景なども踏まえて雑学的に紹介している。2部からはブルートレインの活性化を「観光」と「環境」という視点から模索している。本書は、鉄道ファンだけでなく、鉄道事業者、車両メーカー、研究者、観光関係者(旅行会社、旅行代理店、観光協会など)や商工会議所の関係者にもお薦めである。

〈目次〉
1部 概論
1.20系 客車誕生以前の寝台車
⑴昭和20年代までの寝台車 1)寝台車の誕生/2)昭和初期から昭和25年頃までの寝台車事情/3)マイネ40、マイネ41は、何故、不評だったのか/4)“カルテット”の原型マロネ39、スロネ30 ⑵10系寝台車 1)“イネ”の廃止/2)何故座席車よりも寝台車の新製を優先したのか/3)軽量化への挑戦/4)合造車ナロハネ10の誕生とオロネ10
2.20系客車 ⑴誕生の背景と電源集中方式の採用
1)第一次五カ年計画と20系客車構想/2)20系客車の快適性/3)食堂車の改善
⑵乗務員の苦労話 1)何故、ドアにロック機構が導入されたのか/2)個室寝台車ナロネ20、ナロネ22の乗務員の隠れた苦労/3)「ブレーキ」が利きにくい短所の克服/4)コンピューター発券システム“マルス”の登場
3.世界初の寝台電車583系
⑴寝台電車が誕生した背景 1)当時の夜行列車の運行状況/2)何故、特急になったのか/3)何故、最初はA寝台車が造られなかったのか ⑵晩年、583系電車が嫌われるようになった理由 1)昭和57年11月のダイヤ改正/2)近郊型への改造しか、活用方法はなかったのか/3)急行「きたぐに」用のサロネ581誕生
4.14系・24系客車
⑴誕生の背景/1)車体の難燃化構造の強化/2)14系・24系客車の車内設備/3)要員合理化 ⑵居住性は向上したのか 1)14系客車は、何故、個室が作られなかったのか/2)何故、乗り心地が20系客車よりも悪いのか/3)B寝台車を2段化した理由/4)オロネ25が製造された背景
5.1980年代のブルートレイン
⑴東京対九州ブルートレイン 1)カルテットは、何故、人気がなかったのか/2)EF66がブルートレインを牽引する理由 ⑵国鉄末期からJR発足当初 1)グレードアップの嚆矢、「あさかぜ1・4号」/2)何故、北斗星から急に豪華になったのか/3)DD51が重連で「北斗星」「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」を牽引する理由/4)カートレインが短命に終わった理由
6.バブル崩壊後のブルートレイン
⑴ブルートレインの廃止続出 1)車両・機関車の老朽化/2)北陸・秋田新幹線と東北新幹線の八戸開業 ⑵新型車両の登場 1)サンライズエクスプレス誕生/2)カシオペアの誕生(何故、全寝台が2人用のA個室になったのか)
2部 ブルートレイン活性化に向けた提言
7.今後のブルートレインへの提言
⑴長距離専用の旅客会社の設立提言 1)国鉄分割民営化の弊害/2)JR貨物とタイアップ/3)何故、東京起点ばかりにこだわるのか ⑵他の輸送モードの現状 1)高速バス/2)フェリー/3)航空機/4)新幹線 ⑶ブルートレインの利点 1)途中駅からの乗降が可能である/2)寝台車で完全に横になれる/3)地球環境にやさしい/4)深夜に強制的に起こされることがない ⑷設備と料金体制 1)現状の料金・設備/2)今後の夜行列車のモデルと利用者層
8.MM(モビリティー・マネジメント)の展開と現状
⑴MMの種類 8.1)MMの概要と登場した背景/2)日本のMMの現状 ⑵都市間MMの展開 1)旅行会社とタイアップ/2)MMを活用した校外学習における利用促進/3)並行在来線の活性化
9.観光産業の育成とブルートレイン
⑴観光産業の育成 1)日本の観光産業の現状/2)「観光」を21世紀の基幹産業にするための課題
⑵「観光」と「交通」のマッチング 1)諸外国の豪華クルージング列車の概要/2)外国人観光客の誘致と法整備/3)交通基本法の成立に向けて

[著者略歴]
1967年(昭和42年)生まれ、立命館大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。
運輸評論家として、執筆や講演活動、ラジオ出演を行うかたわら、NPOなどで交通・物流。街づくりを中心とした活動を行う。 日本交通学会、公益事業学会、日本海運経済学会、交通権学会、日本モビリティ・マネジメント会議、日本環境教育学会会員。主な著書に、『高速バス』グランプリ出版2008年『鉄道・路線廃止と代替バス』東京堂出版2010年『廃線の危機からよみがえった鉄道』中央書院2010年など。

著者公式ブログ  http://d.hatena.ne.jp/shoriuchi/20110807/1312733697/                  https://www.facebook.com/shigeto.horiuchi.3        

- 好評発売中!-

よみがえれ、東日本!列車紀行

田中正恭 著

2011年9月刊行

定価1728円(本体1600+税)
ISBN978-4-902841-12-1 C0026
四六判 ソフトカバー 240ページ

●本書の著者印税と版元利益は、全額被災地への義援金として寄付されます。

〈本書の内容〉
 この本は、震災発生から2ヵ月後に現地を取材し、その惨状と震災にかかわる人々のようすをレポートした第1部と、震災以前の美しい東日本のローカル線の旅紀行の第2部とで構成されている。マニアックな鉄道本ではなく、旅好きな人、被災地の復興を願う人たちにお読みいただきたい一冊である。

第1部:
震災から2ヵ月、現地を徹底取材し、壊滅的な被害を受けた岩手、宮城、福島の 鉄道を中心とした状況を、ありのままにレポート。
取材地:岩手県:宮古、山田、大槌、釜石、大船渡、陸前高田
宮城県:気仙沼、南三陸、女川、石巻、塩竃、仙台、亘理、山元、丸森
福島県:新地、福島、いわき

〈第1部本文から抜粋〉
 そこに人の姿はなかった。海からの強い潮風に吹かれた瓦礫が、カタンカタンと音をたてている。何もない荒涼たる原野―――この世の終焉を想起させるかのような風景が広がっていた。私は絶句し、その場に立ち尽くした。
 だが、そんなの中に、たった一本だけ、緑の若葉を芽吹かせている木があった。周囲にある笹の葉は塩害で枯れ果てていたが、確かに生命の息吹を感じられる。その木は燦然と輝いて見えた。

第2部:
被災地復興を祈念し、東日本各地の震災前の平和な風景と美しい自然、 情感あふれるローカル線の旅を、写真とともに紹介する旅紀行。
掲載路線:八戸線、五能線、津軽鉄道、山田線、釜石線、大船渡線、気仙沼線、石巻線、仙石線、
左沢線、磐越西線、只見線、烏山線、ひたちなか海浜鉄道、銚子電鉄ほか

[著者略歴]
1955年(昭和30)、兵庫県神戸市生まれ。 甲南大学法学部卒業。 1981年に国鉄全線完乗。2000年には日本の鉄道全線を走破。海外の鉄道も、シベリア、カナダ、オーストラリアの大陸横断鉄道をはじめ26ヵ国を鉄道旅行。ノンフィクション系の執筆活動を続け、主な著書に、『われらブレーブス人間(共著)』(菁柿堂)『鉄道全線三十年』(心交社)『消えゆく鉄道の風景』(自由国民社)『夜汽車の風景』(小社刊)など。

著者公式ブログ  http://tanakamasayasu.blog.fc2.com/

 

- 好評発売中!-

魅惑の夜感鉄道

山﨑友也 著

2011年9月刊行

定価1944円(本体1800+税)
ISBN978-4-902841-11-4 C0065
A5判 ソフトカバー 128ページ


〈本書の内容〉
 鉄道写真家山﨑氏のライフワークである「夜の鉄道写真」。ここ2年間に撮り下ろした勾玉の夜感鉄道を厳選し、1冊にまとめた最新のフォトエッセイ。早朝でも夕方でもない、太陽が登る前と日没後から夜間に限定して撮影した写真は、幻想的でもあり鉄道と人間の融和を感じさせる見事な演出を見せている。巻末に掲載した、鉄道の夜間撮影マル秘撮影テクニックも、機材からノウハウまで高いレベルと懇切な説明で解説。これから夜間撮影に挑戦しようという方や一層の腕を上げたい方に必見。巻末の撮影データも夜間撮影の参考として貴重な基礎データ。

〈掲載のエッセイから〉
 人はなぜ鉄道に郷愁や旅情を抱くのでしょう? そして夜にはその感情がよりいっそう 強くなるのはなぜでしょうか? それは車窓に窓明かりしか浮かばないからこそ、情緒豊かになり旅心を繊細に感じられ るのではないでしょうか。きっと周りが闇に包まれるからこそ心に素直になれ、線路に自 分の人生を重ねて故郷や人を慕うのではないでしょうか。そんな想いを夜の鉄路に奏でた写真を、自ら”夜感鉄道” と名付ける。

[著者略歴]
鉄道写真家。1970年広島生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。真島満秀写真事務所を経て独立。2000年に鉄道専門のフォトライブラリー(有)レイルマンフォトオフィスを中井精也と設立。鉄道雑誌を中心に、書籍・絵本をはじめ、ポスターやカレンダーなど著書多数。近年ではテレビ出演や本の監修、講師・講演など幅広い分野で活躍中。など近著にエッセイ『僕はこうして鉄道カメラマンになった』(小社刊)『ちず鉄〈全国7巻〉』(東京地図出版)『夜感鉄道』(枻出版)『図解と実例ですぐ撮れる鉄道写真講座』(JTBパブリッシング)写音集『Eternal Train』(iPhoneアプリ)など。

山﨑友也公式ホームページ  http://homepage1.nifty.com/yuya-yamasaki/

 

- 好評発売中!-

レールパックで新幹線に安く乗ろう!

鉄道旅行なび 編

2011年7月刊行

定価1620円(本体1500+税)
ISBN978-4-902841-10-7 C2026
B6判 ソフトカバー 224ページ


〈本書の内容〉
新幹線などの鉄道料金は、得割や超割などがある航空運賃や長距離バスに比べて〝高い〟というイメージが一般的だ。そこで、新幹線のきっぷを3割も安く買える技や特急列車や寝台列車のお得な情報を掲載。インターネットにも出ていない裏技も満載し、宿泊費とともに鉄道旅行を安くあげるためのレールパック活用ノウハウを掲載した初めての本。会社の出張旅費も削減することができるなど、会社の経理担当者も必見の書!

〈「はじめに」から〉
たとえば東京から神戸へ向かうとしよう。いくつかある選択肢のうち、所要時間と出費の要素を加味してまず思い浮かぶのが、前割を使えば片道1万円を切るスカイマークエアライン。次に片道8千円台で仮眠しながら移動できて、現地での時間を有効に活用できる夜行バスといったところだろう。宿泊を伴うなら、往復の航空機運賃と宿泊がセットになったフライトパック。これならホテル代込みで3万円を切る。対して新幹線は片道1万4670円、1泊すると往復の運賃料金と宿泊代金で4万円近くかかる印象がある。確かに、みどりの窓口で正規のきっぷを買って個別にホテルを手配するとそのとおりになる。ところが、新幹線を利用した格安旅行商品を使えば、出費を廉価な航空機や夜行バス並みに抑えることができるのだ。
交通費と各種クーポンがセットになっただけのフリープランだから団体行動を強要されることもなく、まさしく「きっぷ代わり」に使えるものばかり。種類も多彩で、日帰りから長期滞在まで、人数も1人で出発できるものも取り揃えてあるので、出張の多いビジネスマンにも嬉しい存在だ。また、たとえば7日間の行程のうち、1泊指定のホテルに泊まればあとはどこに泊まろうが自由というものもあるので帰省にも使える。さらに、割安な追加料金でグリーン車を利用できるもの、片道飛行機が使えるもの、夜行列車を組み込んだもの。片道夜行バスが利用できるものなどのバリエーションも豊富。「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」「サンライズ瀬戸・出雲」といった人気寝台特急も正規料金にくらべて安く利用できる……

[編者:鉄道旅行なび]
鉄道旅行なびとは日常生活の重要な足としての役割を担う鉄道を、より効果的に心地よく利用し、鉄道旅行を楽しんでいただくノウハウをご提供する目的で、鉄道ライター・鉄道カメラマン有志によって運営されている。

 

- 好評発売中!-

路線バス 終点の情景

加藤 佳一 著

2011年2月刊行

定価1728円(本体1600+税)
ISBN978-4-902841-09-1 C0065
A5判 ソフトカバー 144ページ


〈本書の内容〉
バス趣味誌の制作や著作で活躍する著者が、自身の制作する『BJハンドブックシリーズ』に、24年間にわたり連載してきた65カ所の路線バスの終点を集大成。バスを愛する著者が、鉄道終着駅から延びる路線バスや離島などのバス路線を旅し、普段着の街や人とふれあいながらバス旅の魅力や新たな発見を伝える。路線バスの終点へのアクセスメモも掲載し、実際のガイドブックとしても楽しめる書!

〈登場する終点〉
原(京阪京都交通)間野黒指(国際興業)砧本村(東急バス)波豆川(阪急田園バス)古峰原神社(鹿沼市コミュニティバス)社光(夕張鉄道)川辺(大阪市交通局)けやき台団地(立川バス)新原ビーチ(沖縄バス)瓜坪(ちばグリーンバス)原谷(京都市交通局)藤倉(西東京バス)柏渕(関東鉄道)平野(東運輸)扇町(川崎市交通局)一本松小学校前(横浜市交通局)池代(西伊豆東海バス)白浜(西表島交通)和田(神奈川中央交通)上成木(東京都交通局)浜諸磯(京浜急行バス)湯の小屋(関越交通)両茶橋(名古屋市交通局)奥細尾(東武バス日光)坂本(西武観光バス)水窪町(遠州鉄道)有東木(しずてつジャストライン)談山神社(奈良交通)上和野(ジェイアールバス関東)谷津干潟(京成電鉄)赤目滝(三重交通)出雲崎車庫(越後交通)奈良田(山交タクシー)深浦(新潟交通佐渡)稲田堤(小田急バス)北八朔(東急バス)羽田(宮交気仙沼バス)峰(横浜市交通局)小仏(京王電鉄)中宮温泉(加賀白山バス)板敷山前(関東鉄道)観音崎自然博物館(京浜急行電鉄)みくるべ(湘南神奈交バス)後山(諏訪観光バス)若洲キャンプ場(東京都交通局)脇野沢(ジェイアールバス東北)下新拓(北海道旅客鉄道)保井野(せとうち周桑バス)影(四国旅客鉄道)周防油宇(中国ジェイアールバス)三輪明神(奈良交通)火打岩(西日本ジェイアールバス)白倉峡(ジェイアール東海バス)差塩仲町(常磐交通自動車)大出(早池峰バス)上和田(ジェイアールバス関東)初谷(千曲バス)茶屋村(京阪宇治交通)柿木大野(東海自動車)東大構内(東京都交通局)祐徳神社前(祐徳自動車)生里(琴平参宮電鉄)恩徳(国鉄バス)数馬(西東京バス)浮島(国鉄バス)

[著者略歴]
1963年東京都生まれ。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)報道写真科卒業。1986年にバス専門誌『バスジャパン』を創刊。1993年からバス会社ごとのガイドブック『BJハンドブックシリーズ』の発行を続けるほか、エディターとして、バス・鉄道に関する図書を多数編集。NPO日本バス文化保存振興委員会理事。日本バス友の会会員。著書に『バスで旅を創る!』『至福の長距離バス・自由自在』(講談社)『都バスで行く東京散歩』(洋泉社)などがある。

 

- 好評発売中!-

南 正時のRailways
-蒸気機関車から新幹線まで鉄路を駆け抜けた撮り歩記-


南 正時 著

2011年1月刊行

定価1728円(本体1600円+税)
ISBN978-4-902841-08-4 C0065
四六判 ソフトカバー 224ページ 


〈本書の内容〉
40年にわたって鉄道写真に取り組んできた写真家が、懐かしいSL時代の旅日誌から近年の円熟した写真作家活動を綴ったフォトエッセイ。
若きころの鉄道写真家の歩みと合わせ、近年、盛り上がりを見せる鉄道趣味についても鉄道を愛する立場から提言する。鉄道風景を巧みに織り交ぜた寅さん映画の山田洋次監督との対談まで、著者の交友の広さと長き鉄道写真家の人生を振り返った注目の書 !

〈目次から〉
〈第1部-SL旅日記〉
まえがきに代わる南正時のアーカイブス/ 鉄道というものごころ/ 初めての汽車旅/ 北陸本線の夜明け/ 1971 年(昭和 46 )5月8日土曜日/ 鉄道に乗らない鉄道写真家/ 写真は「記録と記憶」
〈第2部-Railwaysつれづれ旅日記〉
今年の初旅は山形地方の鉄道を訪ねる/ 歴代の愛用カメラ/ N700系公式試乗会/ 300系公式試運転/ 越美北線復旧運転/ 謎の「ネコミミシンカンセン」に乗る/鉄道博物館「内覧会」/ 東武博物館と下町散策/ 「こだま号」速度世界記録/ 赤富士を撮る/ 「真島満秀を偲ぶ会」/ EOS5DMarkⅡ / レイルウェイ・ライター氏と秋田内陸縦貫鉄道の旅/ 山陽新幹線N700系初乗車/青函連絡船の旅/ さらば0系/ ボーイング727とサユリスト/さらば「富士」「はやぶさ」/ 新幹線と貨物列車を追って/ 「天才カメラマン」山﨑友也/ 東北路の旅/ ブルトレ撮影は早起き / E5系新幹線電車報道公開/ 夏を待ちかねて山陰へRailways/ JR東日本大宮総合車両センター報道見学/ 記憶喪失の写真・・・・・・? / 秋晴れの「鉄」/ 新NEX公式試乗会/ 旅支度/「ハチ」に会いに行く/ アメリカ製の鉄橋と最古の機関車/ キハ100ばかりだもんね/ 重量貨物列車の迫力/ 「どんこう会」/ 冬の撮影、雪景色の鉄道を撮る/ Jurassic Express/地吹雪が来た~ぁ/ 釧路湿原に春が来た……? / 軽便終着駅で大発見! / 春まだ浅き北の大地へ/ 圧巻! タウシュベツ川橋梁/「ニセコ街道」を巡る/ 私と寅さんの鉄道の旅/ 寅さんの残影を求めて・・・・・・など

[著者略歴]
1946年福井県生まれ。鉄道写真家。1971年までアニメーション制作会社に勤務。アニメ映画「ルパン三世」制作時に双葉社「週刊漫画アクション」の編集者に出会う。ここで蒸気機関車の写真が認められ同誌のグラビアに連載開始。昭和50年(1975)にケイブンシャの大百科『機関車・電車大百科』(勁文社)を刊行。以降、雑誌・新聞連載などに執筆。近著に『寅さんが愛した汽車旅』『撮り鉄入門』(講談社)『昭和の鉄道風景』(実業之日本社)『疾駆!機関車』(双葉社)など多数。日本旅行記者クラブ・日本アニメーション協会会員
ウェブサイトhttp://homepage2.nifty.com/masatoki/

 

- 好評発売中-

バスマップの底力
-作ろう・ 使おう・ 育てよう!-


全国バスマップサミット実行委員会 編著

2010年8月刊行

定価3024円(本体2800円+税)
ISBN978-4-902841-06-0 C0065
A5判 ソフトカバー 248ページ 


〈本書の内容〉
全国主要都市を走る路線バスのバスマップを、各地の特色や事例をふんだんに盛り込んで徹底的に解説した初めての本! 使いやすい路線バスのバスマップとはどんなバスマップか、そして利用者のために役立つバスマップはこうあるべき、またその作り方を、15人のバスマップや交通の超専門家たちが懇切丁寧に解説して執筆。
路線バスの活性化のため、市民とバスの接点を模索した渾身の一冊! バスマップ関係者はもとより交通事業者・都市計画関係者には必携の書! そして、社会の出来事を綴った読み物としても、興味深い類書なき決定版!

〈目次から〉
〈第1部〉市民による交通情報発信と全国バスマップサミット/バスマップサミットとは/市民 とバ スマップで交通まちづくり
〈第2部〉全国各都市のバスマップと市民交通まちづくりの実践/各都市の取り組みと事 例・岡山/福井/松江/仙台/広島/新潟/ 札幌/和歌山/東京圏/東海/沖縄/バスマップ作製ガイドライン(技術編)等
〈第3部〉バスマップで終わらないこれからの市民交通まちづくり/バスマップを使って楽しい交通社会とまちづくりを


[編者]
鈴木文彦(交通ジャーナリスト)、岡 将男(NPO岡山RACDA代表)、菅井直也(広島BRT研究会代表)、田中隆一(NPOプロジェクトゆうあい事務局長)


-好評発売中!-

夜汽車の風景
-平成から昭和まで、夜汽車の旅40年-


田中 正恭 著

2010年6月刊行

定価1728円(本体1600円+税)
ISBN978-902841-07-7 C0026
四六判 ソフトカバー 240ページ 


〈本書の内容〉
永年、人々は夜汽車に揺られて旅をした。哀愁の汽笛を響かせながら、闇夜を駆ける名ランナーたちが奏でるレールの継ぎ目の音を聞きながらの旅だった。昭和から平成にかけ著者が日本中を駆け巡った、40年の夜汽車の旅に読者を誘う。全編夜行列車の乗車記で綴った類書なき力作。切符収集家でもある著者のきっぷコレクションの中から、実際に乗車した夜行列車の記録として掲載している。

〈目次から〉
〈第1部-夜汽車の風景〉
はやぶさ/北斗星/オホーツク/銀河/あかつき/能登/日本海 など
〈第2部-いにしえの夜汽車たち〉
利尻/からまつ/大雪/十和田/津軽/ゆうづる/おが/きたぐに/あさかぜ/瀬戸/出雲/はやたま/音戸/ちどり/うわじま/雲仙/なは/ながさき/ドリームつばめ/高千穂 など


[著者略歴]
1955年(昭和30)、兵庫県神戸市生まれ。 甲南大学法学部卒業。 1981年に国鉄全線完乗。2000年には日本の鉄道全線を走破。海外の鉄道も、シベリア、カナダ、オーストラリアの大陸横断鉄道をはじめ26ヵ国を鉄道旅行。ノンフィクション系の執筆活動を続け、主な著書に、『われらブレーブス人間(共著)』(菁柿堂)『鉄道全線三十年』(心交社)『消えゆく鉄道の風景』(自由国民社)など。



- 好評発売中-

気まぐれ バス旅 出発進行
-バスに乗ろうよ-


種村 直樹 著

2009年7月刊行

定価1944円(本体1800円+税)
ISBN978-4-902841-04-6 C0026
四六判 ソフトカバー 304ページ 


〈本書の内容〉
乗り歩き紀行で定評のある著者が、都市バスの賑わいからローカル路線バスの味わいまでを丹念に描写! 巻頭には、東京から北海道の釧路までをバスとフェリーと鉄道を組み合わせたユニークな旅で書き下ろし。第2部からは、BJハンドブックシリーズ収録の各地の路線バス会社22社の乗り歩き紀行を、パワーアップして収録。

〈目次から〉
〈第1部-書き下ろしルポ〉
東京からバス~フェリー~バス~鉄道を乗り継いで北海道の釧路まで乗り歩きルポを収録!
〈第2部-バス会社別・乗り歩きルポ〉
バス会社別紀行編=東京都交通局/京浜急行バス/東武バス/朝日自動車/名古屋市交通局/西武バス/遠州鉄道/しずてつジャストライン/奈良交通/JRバス関東/京成電鉄/三重交通/越後交通/新潟交通/小田急バス・立川バス/東急バス/宮城交通/横浜市交通局/京王電鉄・京王バス・西東京バス


[著者略歴]
1936年(昭和11)、滋賀県大津市生まれ。京都大学法学部卒業。毎日新聞記者を経て、1973年よりフリー。レイルウェイ・ライターとして文筆活動を続ける。主な著書は『追憶の夜行列車Ⅱさよなら〈銀河〉』(SiGnal)『日本縦断[ローカル列車」を乗りこなす』(青春出版社、青春新書)ほか多数。

 

- 好評発売中-

僕はこうして鉄道カメラマンになった
-鉄道写真に魅せられて-


山﨑 友也 著

2009年6月刊行

定価1728円(本体1600円+税)
ISBN978-4-902841-05-3 C0065
A5判 ソフトカバー 160ページ 


〈本書の内容〉
鉄道写真家として鉄道の各分野で活躍する著者が、自身のホームページで語るエッセイをさらに磨き上げ、幼少時代から鉄道をこよなく愛してきた姿を、自伝として書き下ろした意欲作。鉄道写真家の夢と日常が垣間見える内容は、鉄道写真家として果敢に作画にチャレンジする厳しさが伺える。鉄道写真を趣味とする人や、これから鉄道写真家をめざす若い人たちへのユニークなメッセージと泣き笑い秘話を披露する。

〈目次から〉
第1章 鉄道への目覚め
第2章 ブルートレインにあこがれて
第3章 歩み始めたプロへの道
第4章 真島満秀写真事務所時代
第5章 夢の実現に向けいて
第6章 さらなる鉄道写真家への進化


[著者略歴]
鉄道写真家。1970年広島生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。2000年に鉄道専門のフォトライブラリー(有)レイルマンフォトオフィスを中井精也と設立。鉄道雑誌を中心に、書籍・絵本をはじめ、ポスターやカレンダーなど著書多数。 近著では『ちず鉄〈全国7巻〉』(東京地図出版)『夜感鉄道』(枻出版)など。

 

-好評発売中-

東海道すれちがい夫婦-レールの上の青春-

檀上 完爾 著

2009年2月刊行

定価1620円(本体1500円+税)
ISBN978-4-902841-03-9
四六判 ソフトカバー 240ページ 


〈本書の内容〉
国鉄職員から作家に転進した著者が、自身の経験をもとに、昭和30年代の国鉄東海道本線の長距離列車で繰り広げられる、専務車掌の夫と食堂車で働く妻との実録を描いた感動の小説。舞台の大半が、列車内や列車が到着した現地での模様を丁寧に描写。高度経済成長以前の、日本の懐かしい旅の雰囲気が存分に味わえ、旅小説としてはもちろん、鉄道ファンにもお薦めの書! NHK、テレビ東京でもドラマ化の実績!


〈目次から〉
・彼岸花 ・冬の蝿 ・急行『安芸』 ・バトンタッチ ・出戻り坂 ・急行『西海』 ・片割れ月 ・疑惑
・流れ星 ・マスコット ・テールライト

[著者略歴]
作家。東京都三鷹市生まれ。昭和20年から46年まで旧国鉄に勤務し、盛岡。東京車掌区で車掌として乗務する。35年から国鉄東京鉄道管理局広報課勤務。46年に退職し執筆活動に入る。鉄道紀行やエッセイ、ルポルタージュなど著書多数。


貼函

地域とともに-西武バス60年のあゆみ-

西武バス株式会社 企画・編纂   内容見本はこちらから

2008年11月限定特別頒布
 (本書は、西武バス株式会社様の承諾をいただき、本ホームページからのお申し込みと神田神保町「書泉グランデ」と秋葉原「書泉ブックタワー」での販売のみとなります。西武バス株式会社や他書店での取り扱いはございません。直接小社にお申し込みいただくか「書泉グランデ」でご購入ください。詳しくはご購入案内をご覧下さい)

定価6480円(本体6000円+税)

A4判 ハードカバー 232ページ 貼函付 
カラー32ページ/カラー写真212点 モノクロ200ページ/モノクロ写真848点 写真計1060点。


〈本書の内容〉
西武グループ初の社史が、西武バス株式会社で実現。戦前から所蔵するぼう大な資料を、社史編纂室のスタッフが地道に分析・整理の結果、3年の歳月をかけて完成した貴重な年史記録集。掲載写真に関しては、本社広報担当者が長年撮りためた数万点のストックの中から厳選して約1100点を掲載。歴史を追った社業発展の写真をはじめ、戦後すぐから現在まで編年的に網羅したぼう大な車両写真は、バス車両史としても高水準を行く。交通関係の研究者や地域史研究者からバスファンまで、多くのバス関係者を満足させる最高水準の書。


〈目次から〉
カラーで見る四季の西武バス
第1章 戦前  
第2章 成立期
第3章 発展期
第4章 転換期
第5章 環境対応期
第6章 現在へ
写真で綴る思い出の軌跡
カラーで見る西武バスのいまむかし
西武バス車両の変遷
資料編-営業所一覧、現有車両一覧、路線開設一覧、年表等-

制作スタッフ 西武バス社史編纂室
鈴木文彦(交通ジャーナリスト)
加藤佳一(BJエディターズ)
クラッセ年史編集部



駅前旅館をいとおしむ
「日本図書館協会選定図書」

松尾 定行 著

2008年1月刊行

定価1728円(本体1600円+税)
ISBN978-902841-02-2
四六判 ソフトカバー 216ページ

〈本書の内容〉
かつては〝商人の宿〟とも呼ばれていた駅前旅館は、戦後の復興を遂げた昭和30年代、鉄道の旅とともに手軽な〝旅人のお宿〟として機能していた。代々受け継がれてきた家業は、ビジネスホテルの隆盛、駅前再開発、後継者不足などにより、消えてなくなろうとしている。「きしゃ旅ライター」が和の情緒をたたえた駅前旅館に泊まる鉄道の旅を続けながら、家族でもてなしてくれる心温まる一夜、心と心のふれあう〝温かさ〟を求め、最後の駅前旅館の姿をまとめた渾身のルポを収録。


〈目次から〉
第一章 日本最後の駅前旅館に泊った
村山 旅館(北海道 上磯駅)/花岡旅館支店(秋田県 大館駅)/旭屋 旅館(神奈川県 山北駅)/だるま屋 旅館(石川県 津幡駅)/庄司 旅館(福井県 大鳥羽駅)/柏原 旅館(大阪府 柏原駅)/中村屋(兵庫県 竜野駅)/旅館 松の下(香川県 坂出駅)/網野 旅館(広島県 忠海駅)/いくよ 旅館 (福岡県 鹿児島線)/

第二章 駅前旅館に泊るローカル線の旅
会津鉄道 線路際にたつ源泉かけ流しの温泉旅館でくつろぐ/飯田線 「中部日本縦貫鉄道」と共に歩んだ駅前旅館の今/木次線 農家が営む一軒の冷泉民宿を“トロッコ列車”でたずねる

第三章 駅前旅館 全国現況リスト
北海道から九州まで43旅館をレポート。

あとがきには、「きしゃ旅ライター」である著者の駅前旅館に対する愛情が込められている。



[著者略歴]
松尾定行(まつお・さだゆき)
1949年長崎県諫早市生まれ。長崎市と福岡市で幼少年期を、下関市で青少年期を送り、広島大学教育学部卒業。
雑誌編集部に勤務したのち、1979年より独立し「きしゃ旅ライター」として鉄道・旅をテーマとする出版物の編集・執筆に取り組む。

岩手のバス いま むかし

鈴木 文彦 著

2004年10月刊行

定価2376円(本体2200+税)
ISBN4-902841-00-2
B5判 ソフトカバー 120ページ 

〈本書の内容〉
バス研究者として著名な鈴木文彦氏が、学生時代から秘蔵する写真やデータを元に、岩手県のバス事情を歴史を追って執筆。県内をくまなく取材し撮影した内容は、その時代ごとの岩手のバスの姿がよみがえります。450点にのぼる収録写真は、貴重な資料となるとともに、叙情と懐かしさを満載。岩手県地域にとどまらず、全国のバス事業者に向けて推薦できる書!


〈目次から〉
カラーグラフ 1
Ⅰ 岩手のバス小史 戦前編/ 戦後編 
Ⅱ 苦境を経て再生に向かう岩手のバス
Ⅲ 新しい時代へ踏み出した岩手のバス
新幹線・高速時代に花開く岩手のバス
厳しさ増すローカル路線とその対応
Ⅳ オムニバスタウン盛岡と元気になる岩手のバス
岩手県バス関連年表


〈本書の「終わりに」から
著者が岩手のバスに興味をもったきっかけは、ひとつの新聞記事だった。東北大学在学中だった1978年5月から6月に、宮城の地方紙である「河北新報」に3部構成で計30回連載された『過疎の足』。その第1部は江刺市など岩手県南部のバス路線の廃止とそれにまつわる住民の暮らしを追ったものだった。当時地元の宮城交通の経営悪化の問題に関心をもって調べていた著者は、この記事にかりたてられて、岩手の実際を見たくて何度か記事にあった江刺市や岩手県内各地に出向き、バスに乗り、写真を撮った。(中略)
やがて交通ジャーナリストとしての仕事を通して県内のバスに接するうちに…(中略)オムニバスタウン事業のお手伝いをすることとなった。その間ずっと、岩手のバスが厳しさを乗り越えて一生懸命再生しようと努力する様子をつぶさに見て、記録してきただけに、今や岩手県は著者の仕事における大きな拠点である。


[著者略歴]
鈴木文彦(すずき・ふみひこ)
1956年山梨県生まれ。東北大学理学部卒業。東京学芸大学大学院(地理学)修了。フリーの交通ジャーナリストとして雑誌「鉄道ジャーナル」などにレギュラー執筆するほか、バス・鉄道に関する論文・取材記事多数。
著書に「高速バス大百科」「次世代交通カード革命」「バス車両の進化を辿る」「西鉄バス~最強経営の秘密」「岩手のバスいまむかし」(クラッセ刊)など多数。NPOバス保存協会副理事長。




山梨満州開拓団小史

小林 春雄 著

2006年6月刊行

定価1620円(本体1500円+税)
ISBN4-902841-01-0
四六判 ハードカバー 224ページ 

〈本書の内容〉
山梨県に生まれ育った在野の研究者が、山梨県から入植した戦前の満州開拓団について詳述した渾身の著作。国家の政策により渡満した山梨在住の人々が、戦中・戦後に想像もつかない厳しい状況に追い込まれた歴史を後世に語り継ぐため、開拓団出身者に著者自身が直接取材し、文献を調査しながら書きとめた貴重な文献書。


〈目次から〉
1章・満州国と満州開拓団 
1節・満州国と日本 
2節・満州開拓団の概要 
2章・山梨の満州開拓団 
1節・山梨における満州開拓団の送出状況と背景 
2節・山梨単独編成の開拓団 
3節・全国混成の開拓団
4節・満蒙開拓青少年義勇軍ほか

参考資料

満州山梨村の栞
「満州開拓分村計画のすすめ」(昭和十五年一月版)




 

 

 


Copyright2008 KLASSE Corporation All rights reserved